おでこニキビドットネット9

  1. >
  2. アクネ菌・マラセチア属真菌と鼻ニキビ

アクネ菌・マラセチア属真菌と鼻ニキビ

ニキビができる要因にはアクネ菌が深く係わっているということは皆さんご存知だと思います。外部からこのアクネ菌にやられる、というよりも、もともと人の肌に存在する常在菌のアクネ菌によって鼻ニキビが出来やすくなるということを知っておくべきです。

皮膚にはこのアクネ菌のほかにも、マラセチア属真菌などの菌も在住しています。アクネ菌は細菌性リパーゼという酵素を産生します。この細菌性リパーゼという酵素は、皮脂の成分を分解する働きを持っていて、分解してから遊離脂質酸をいう物質を出す事がわかっています。これこそアクネ菌によるニキビや皮膚炎の元となる悪いやつなんですね。

鼻は皮脂腺がとても多く集まっているところで、しかも皮脂分泌が他の部分よりも強い場所です。皮脂腺が多く皮脂分泌も盛んな場所ですから、皮脂が大好物なアクネ菌が活躍するにもよく理解できます。鼻こそアクネ菌が細菌性リパーゼをどんどん産生、そこから遊離脂肪酸をどんどん生み出してニキビを作りやすいのだという事がわかりますよね。

また鼻ニキビなどのニキビの原因となる菌には、マラセチア属真菌といういわゆるカビの一種もあります。これも人の肌にいる常在菌で、マラセチア属真菌についても、遊離脂肪酸を誕生させ、しかも皮膚への刺激もあるためニキビの原因になるほか、なんと、炎症を起こしやすくしてしまうという悪者なんです。マラセチア属真菌が活躍し始めると、鼻ニキビなどのニキビのほか、脂漏性湿疹を引き起こす一つの原因ということもわかっています。

この様に鼻周りのケアを怠ってしまうと、菌がどんどん増殖してしまう事が分って頂けたと思います。

アクネ菌やマラセチア属真菌が大好きな鼻の皮脂の過剰分泌を抑制し、正しくケアしていく事がとても重要になるという事がわかりますよね。